ベジママのピニトールにはどんな効果が期待できるの?

ベジママに配合される「ピニトール」の効果についてまとめてみました。一体どんな効果が期待できるのでしょうか?みていきたいと思います!

まず「ピニトール」についてお話します。ピニトールとは水溶性ビタミンであるイノシトールの一種で、血糖値を下げる作用があると言われています。
生活習慣病と言われる2型糖尿病は、血液中のブドウ糖の量が異常に多くなることで起きる疾病ですが遺伝的な要因を除くとその多くはインスリン抵抗性に
原因があると考えられています。そこでピニトールは糖を細胞内に取り込みやすくしてインスリンの感受性を高める作用をもつことから、血糖値の改善に
効果が期待されているのです!
では「ピニトール」が配合されているベジママはどのような効果が考えられているのでしょうか?なんのために配合されているのか?
それは…不妊症の中で最も多い原因とされているのが「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」で国内では血糖値を下げる薬物療法や排卵誘発剤による治療が行われています。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は肥満や高血糖、生活習慣因子などによって体内のインスリン濃度が上昇して男性ホルモンの産出過剰を招くことで黄体形成ホルモンが
高値になり、発症してしまうそうです。
不妊の原因として近年増加傾向にあり、卵巣のインスリン抵抗性を改善すれば排卵が正常に戻ると考えられているのです。その多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に良いとされる
植物由来成分がベジママに含まれている「ピニトール」なのです。

インスリン抵抗性を抑える効果があるとされているので、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)改善により妊娠力アップに有効と考えられています。
ピニトールは臨床試験の結果によると多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性に効果が確認された成分で、欧米では医療現場でも利用されています。
そして大豆は不妊に良いとされていますが、大豆には実はピニトールやイノシトールが含まれているのです。大豆が妊娠するのに良いとされてきたのは
女性ホルモンが正常になるという理由をよく聞きましたが、ピニトールが配合されているのなら納得ですね!
でも、大豆を毎日しっかり摂取するのは大変ですよね。
それならピニトールが配合されているベジママ葉酸サプリを摂取したほうがより効果的ですよね。

葉酸は妊娠中や妊活中に必要な栄養素として有名ですが、この新しい成分のピニトールも同じくらい重要な成分だと私は思いました。
そんなピニトールを配合したベジママは新しい葉酸サプリとして今後たくさんの人に選ばれるんだろうなと予想されます!
私が妊娠中にあれば良かったのになぁと思いました。。
これから妊娠したい方もぜひベジママを試してみてください!

 

コメントを残す